FC2ブログ

股関節

20090704004555
20090704004604

6/17に撮ったレントゲンです。
1枚目はそのままの状態、
2枚目はひざは曲げず、足を開いた状態。(外転位)

5月に撮ったレントゲンに比べ、
左右の足の付け根の高さの差が少なくなりました。
ですが・・・
結論から報告すると、
レントゲンでは緊張が入った状態で写ってしまった・・・でした。

実際、受診のため先生にお会いしたときは
完全に股関節が入っていたので
レントゲンとあまりにも違いすぎたので
先生もびっくりされていました。

特に2枚目のレントゲンで・・・

完全脱臼はしていないのだし、
足を開けば、当然股関節にはまった状態で写るであろうと
想定して撮ったレントゲンなだけに、
右足(向かって左がわ)のように
股関節に入っていると思っていたのが
想定外で、ぜんぜん入っていなかったので、
あれ??だったのでした。

「これは緊張が入ったためにこうなったんだね、きっと!」

ということで、実際に触れていただき、
稼動域もすべて確保されていたようですし、
股関節もよい状態だということで、

「これからもリハビリ頑張ってください!」

ということで、装具とか手術とか先送りになりました!!!

この数ヶ月、雄君の昼夜逆転もすっかり改善され、
幼稚園&療育センターの併行通園も楽しくやれ、
表情もたくさんでてきて、
何一つ悪い事がない日々のくらしで
股関節のために、装具をつけるなり、手術ということになると、
生活はいっぺんし、装具ではきっと過剰な緊張が変に入ってしまうことに
なるだろうし、手術なんてことになれば、生活のリズムもまた戻ってしまう・・・

とにかく、現在の生活を変えたくない!というのが
一番の理由ですが、リハビリの先生も賛同くださり、
股関節強化をしていただき、
リハビリでどれくらい保てるのか、
頑張ることに決め、6月のレントゲンまで
雄君を信じて頑張ることにしました。

ある意味毎日戦いでした。
家でもどこでも装着できる、寝ているときは
足がクロスしないための股にはさむクッションを自作しました。

そのかいあってか、雄君の股関節もだいぶ調子がよくなり、
先生にも一応OKいただけて、
本当に本当にほっとしました。

幼稚園や療育センターの時間にもかぶってリハビリ入れていたし、
でもお休みしたくなくて、遅刻や早退を繰り返し、
お兄ちゃんの帰宅には戻るという日々・・・。

本当に忙しくて、時間がわからなくなるくらいでした。

でもひと段落し、ほっとしています。
これからも強化は続けますが、
気持ち的に少し荷が下りた気分です。
ですが、この問題は成長とともにまだまだある問題なので
いかに今の状態を維持できるか!日々頑張らなきゃです。
スポンサーサイト



Category: 雄君の日記 総合
Published on: Sat,  04 2009 00:46
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment