FC2ブログ

歩行器作ろう~!

200806080318094
200806080318092
20080608031809
久々のblogです~!

最近イマイチの雄くん…

お熱が出てたり…

昼夜逆転してたり…

療育センターもリハビリも休み休み…。

先週久々に受けたリハビリで

歩行器の違うバージョンに試乗!

最近背が伸びたため

足がクロスしちゃって

自宅にある歩行器は足元に支柱があるので

支柱を蹴っては泣いてしまい…。

今回のは支柱がないので

たくさん歩けました!!

これなら~イケそう!!

靴も借りて掃きました~。

はじめてかも!!!!!

それで…

今日は靴を買いました。

ファーストシューズです!

13.5センチ。

たくさん開けるので掃かせやすい~!

雄くんは掃かせられて嫌そうだったけど

これからだんだん慣れよう!

ガンバロ~!!!!!
スポンサーサイト



Category: 雄君の日記 総合
Published on: Sun,  08 2008 03:18
  • Comment: 5
  • Trackback: 0

5 Comments

ゆた  

はじめまして

はじめまして、ゆたと申します。
私の子供は出産時の事故で重度脳性まひになり、生後まだ1か月半ですが退院めどたたず入院中です。
雄君と一生懸命向き合おうとするママのブログを拝見させていただき書き込みしております。
まだ私は突然事故により障害になったことへ向き合えておらず落ち込み続ける日々ですが、質問してよいでしょうか。
上に息子がおりますが、落ち込む私の姿に情緒不安定になってきました。雄君ママはお兄ちゃんのケアをどのようにされてきたのでしょうか。差し支えなければ教えてください。よろしくお願いいたします。

2008/06/09 (Mon) 11:08 | REPLY |   

雄君ママ  

ゆたさん 書き込みありがとうございました。
突然の事故とのことで・・・うちの雄君のときも
毎日毎日泣いて過ごしていたし、辛くて悲しくて、自分も責めて、死まで覚悟したくらいでした。ゆたさんと同じく、起きた事実を受け入れることも出来ず、ましてや向き合うことも出来なかったです。
雄君の病気発症の日がちょうどお兄ちゃんが年中さんになってはじめての日だったので、クラスのお友達も新しくなり、先生も変わり、すべての環境が新しくなったため、不安いっぱいだったのに、すぐの2週間は私は自宅から離れた市に入院したので、毎日も会えず、週末に少し会う程度だったので、本当に寂しい思いをさせました。
情緒不安定にもなり、お友達に手を出すことがなかったのに、手を出したり・・・乱暴になってしまいました。園でのことはもう先生におまかせするしかなかったですので、担任の先生に話をして、よくよくお願いしました。
パパにはとことん付き合ってもらい、お兄ちゃんの好きなことをさせてあげようと、ゲームコーナーへ行ってもらったり、公園に連れ出してもらったり、とにかくお兄ちゃんだけは笑顔でいてもらいたいと、そのための努力はパパにお願いしてやってもらってました。ママは毎日電話をかけてお兄ちゃんと話すようにしていました。
ママに会いに来てくれたときは、いっぱい抱っこしてべったりしました。私もお兄ちゃんの笑顔にすごく救われました。
雄君がICUにいたというのに、病院の近くにあった動物園にも行ったし、とにかくお兄ちゃんには雄君は一生懸命頑張ってるからお兄ちゃんも頑張って!と言い、雄君とママは一緒におうちに帰るから、帰るまで待っててね!と言っていました。

2008/06/09 (Mon) 23:36 | REPLY |   

雄君ママ  

私も病気発症から最初の2週間は悪いことばかり考えていたので、お兄ちゃんが来てくれてべったりしたことでお兄ちゃんから栄養をもらっていた気がします。ごはんも喉を通らず、全然食べたい気がしなかったんですが、私が倒れてはいけない!一身でとにかく雄君が頑張っているんだからと言い聞かせ、無理やり食べていました。
近くの病院へ転院が決まってからは、
毎日じいちゃんばあちゃんの助けで
夜だけはお兄ちゃんに会えたので
一緒にお風呂に入って、話をし、
寝かせるまでいて、病院へ戻る生活を
2ヶ月半続けました。
病院での雄君のことを話しました。
お兄ちゃんの話もいっぱい聞きました。
今思うと、お兄ちゃんは一度も泣かなかったんです。
泣いてわがままいってはいけないと子供ながらに思ったのか、、、でもとても我慢したんだと思うんです。すごくおりこうさんだったことが返って辛かったですが、お兄ちゃん的にはママが落ち込んで行くのをわかってか、励ましてくれようとしていたと思うのです。つづく

2008/06/09 (Mon) 23:46 | REPLY |   

雄君ママ  

私も中学のときに、妹を交通事故で亡くしました。母と父は日に日に小さくなり、とくに母は毎日仏壇の前で泣いて、弱っていくのを見てました。そんな姿をみて、私だけは元気で笑顔でいなきゃと子供ながらに思った経験があります。
子供って、親の笑顔のためだったら、我慢しちゃうというか・・・親の笑顔を取り戻す努力をしちゃうんだって思います。きっと幼いながらもうちのお兄ちゃんもそうやって頑張ってくれていたんだと思います。
そんなお兄ちゃんの笑顔を毎日見ていたら、
私がこんな風に落ち込んでいたらダメだと
思えるようになりました。
雄君が回復して、自宅に戻れるようになるためには、私がすべてを受け入れ、前向きにならないことには、奇跡は起こせないと思いました。
そう思わなかったら、呼吸器をつけ、酸素を必要としながらいつ退院できるか分からない状況から変わらなかったかもしれないと
今は思っています。
入院中、落ち込む時間があったら、少しでも諦めず、毎日毎日雄君の名を呼びかけ、
体中を触ってマッサージしなきゃと
思うようになりました。
前向きじゃないと、諦めながらだと何も出来ないと思ったんです。本気で雄君が歩けるようになる!と信じ、お医者さんが言う悪いことは聞き流し、良いということが少しでもあれば、それを一日中やっていきました。
そういう気持ちになったとたんに、
お兄ちゃんも落ち着いたと思います。
脳の大部分がなくなったけど、残ってる部分があるのなら~一からインプットさせていけばいい!くらいの気持ちでいました。
それ以降は脳の画像は関係なくなりました。
それが何っていうの!って気持ちです。つづく

2008/06/09 (Mon) 23:58 | REPLY |   

雄君ママ  

すみません!長くなってしまいましたが、振り返って思うことは、お兄ちゃんは人とは違う辛く我慢の日々を経験をした分、大きく成長し、精神的にも強くたくましくなったと思います。
入院中から今までは私達家族も必死で過ごした時間でしたが、雄君にたくさんのことを教えてもらいましたし、お兄ちゃんも色々な意味でたくさん勉強しました。
きっと、ゆたさんとこの上のお子さんも、ママさんやパパさんの辛い気持ちを察し、励まそうと頑張るあまり、情緒不安定にもなりつつあると思いますが、どんなときも見ているよ、愛してるよという気持ちで接してあげるしかないと思うんです。うちもそうして、今日まで来ました。
まだまだ入院中大変かと思いますが、一番頑張っているのは赤ちゃんなんだって思いでママも頑張って欲しいです。入院中はどうしてもお医者さんに頼るしかないですが、おなかの中にいる間にママの声とか、匂いとか、ママのすべてをインプットしてきてると思うので、ママにしか出来ないことを赤ちゃんにやってあげてください!!声をかけてあげるだけでも、きっと落ち着くと思いますし、おなかの中にいたときに歌ってあげた曲とか、読んであげた本とか、なんでもいいので聞かせてあげてください!大好きだった曲を聴いて、意識不明だった赤ちゃんが目覚めた話をよく聞きました。
3ヶ月も眠ったままの赤ちゃんが目覚めたお子さんにも実際に会いました。その赤ちゃんは今では歩いています!
どの親さんも根底には諦めない!後ろを向かない!という気持ちを持ったときからお子さんが変わったと聞きました。
私もおきてしまった事実を時計の針を戻して元通りにならない!と言い聞かせ、前を向いて歩きだしました。後悔もいっぱいしましたが、やらなくて後悔することだけはしたくないと思い、できるだけのことはしていく気持ちで今に至っています。
この世に生を受けて誕生した意味がきっとあると思います。ママや家族に何かを伝えようと頑張っていると思います。
少しづつでいいと思います。今の自分がすごく辛くて悲しいと認めたとき、はじめて見えてくることがたくさんあると思います。
一日も早くおうちに一緒に帰れる日が来ることを願っています!
おうちの玄関にかえるグッズを置くといいと聞きましたよ。おうちにカエル・・・です!
私にできることがあれば、いつでも書き込みしてください!!

2008/06/10 (Tue) 00:22 | REPLY |   

Post a comment