FC2ブログ

今後のリトミックに対する姿勢&考え方。

先生から最初に、「終わってから時間ある~?」なんて声をかけていただき、
「なんだろう~?」とわくわくしてリトミック受けていました。

今日の雄君、朝一番から眼科を受診してきたために
帰り道に寝てしまい・・・。
不機嫌そうにリトミックが始まりました。

始まる前、号泣していました。
「雄君がこんなに泣くなんて~大きな声で泣けるんだ!」と先生。
いつもリトミックはご機嫌で受けているので
ほとんど泣いたことがなかったんです。

音楽や歌が始まると、泣き止みスヤスヤ体勢に!
いつもは寝ぐずりがひどく、大声で泣いちゃうところを
やぱり音楽の力はすごい!す~っと寝ていきました。

抱っこしたまま、ふちの方に座っていました。

最後には起きてしまいましたが、
音楽が心地よかったかな?ぐずらず起きました。

終了してから、先生とお話しました。

先生は、雄君の成長をすごく良くわかっていてくださってました。

私が最初このリトミックに最初参加させていただくことになったとき、
とにかくこの場所に参加できるだけでいい!音楽を聞かせてあげるだけでいい!
って思いでずーっとやってきていましたが、
それは先生も同じ気持ちでいてくださっていたそうです。

ですが、最近の雄君、すごく良く色々なことを理解し始めきてて
リトミックのこの場所や環境も理解し、色んな音もすんなり受け止めて
すっごく楽しめてきているし、
姿勢もすごく成長できてきて、たまにお座りできたり、
手足・・・とくに足の動きは活発になってきたし、
そんな雄君を見て先生が、「欲が出てきた!」とそう言ってくださったんです。

私も無意識に最近はもっともっと!って思いだったと思いました。
特に私的には、お座りが少し出来てきたってことで
もっと長い時間自分でバランス良く座れたら~とか
動きが出てきたことに対する「もっともっと!」だったように思います。

先生はもっと違った観点から、もっと!を追求してくださっていて
びっくりしました。

色々なお子さんが参加しているんだけど、
活発に走りまわるのが好きな子もいれば、
じっとその場でパネルなどを選んだりすることが好きな子もいれば、
絵本や物語を好む子もいれば、歌を歌うのが好きな子もいれば、
いろいろなタイプのお子さんがこの限られた時間内で
まんべんなく、楽しめるようなプログラムを組んでいるんだよって。

たまに、静かに横になって音楽を聴く時間もあり、
この時間というのは、ただ身体を休めるためだけではなくて、
すべての力を脱力させるってことに意味があって、
雄君もそうなんですが、座るとか動かすってことをするだけで
脳がそちらの方に力を注いでしまうので
音楽を全部受け入れるためには、
力を脱力し、寝て聴くのが一番良いんです!

このことも先生は計算に入れたうえで
寝て聴く時間を設けているんだそうです。

私もこのことは知っていたんですが、
動かしてあげたい!とかって気持ちの方が大きくて
このリトミック時間内はずっと抱っこで座ってるか
抱っこしたまま、走り回ってるかでした。

それで・・・先生からの提案で~
最近の雄君の成長を動きの面でもっともっと!って欲を出したいところを
ここは一度原点に戻って、一番音楽が脳に届くような環境にしてあげ、
脳の活性化ってことを重点に考えてみてはどうだろうか!

そうすることで、もしかしたら音楽の心地よさから
足を蹴りだし、一歩でも動きだせたら
それが経験となって、成長できるんじゃないか、
雄君が最近、太鼓が鳴ると何をやるってことを
経験として脳がインプットできるんだったら、
いろいろな経験をしていくことで
成長できるんじゃないか!と言ってくださったのです。

実は数回前のときに、ワニの動きをやってみましょう!と
全員が腹ばいになって、ゆっくり前進しようって時間があったんですが、
それは雄君一人のために考えてくださったんだって聞きました。
腹ばいになって~音楽を聴いたら、もしかしたら心地よくて
顔を持ち上げることもできるかもしれない!と考えてくださったんです。

雄君たった一人のために考えてくださったこと・・・すごく嬉しかったです!!

ですが、そのときはうつぶせにしただけで泣いてしまい・・・
ダメだったんですが。

とにかく~音楽を静かに聴くって時間を作ってあげたり、
ママが支えてあげるばかりではなくて、
雄君一人で寝たり、力を脱力させてあげる時間も作ってあげて、
音楽を聴く!って時間も取り入れてあげたり、
ママが抱っこばかりで負担が増えて腰を痛めてもいけないし、
そのためには、ママから離れて
1つでも雄君が一人で出来ることを作ってあげたい!
そう思ってくださったんです。

今の私の考えの中では、全く逆の思考でした。

ですが、雄君が病気になった直後は
モーツアルトの脳に良いといわれる音楽を寝た状態で
毎日聴かせていて、
それも目の有名な先生のところへ行ったとき、
脳にフルに働きかけたいのであれば、
体のバランスをとろうとすると
その分、脳がそちらに動いてしまうので
一番良いのは寝かせた状態がいい!と聞いていたからだったので、
していたんですが、
今回リトミックの先生の提案してくださったことは、
まさに原点に戻る!でした。

もちろん一緒にお散歩しよう!というときは
ママが抱っこして歩くときに揺れる感覚もすごく良いと思うし、
お友達と一緒にお歌を歌うということもすごく良いと思うし、
静かに音楽を聴く!という時間は脳に入れてあげればいいし、
リトミックの中で、雄君が一番ベストに過ごせ
心地よいと思えることをどんどんやっていって欲しいって言ってくださって~
本当に本当に幸せだ~って思えました。

お出かけする直前に聞くテーマソングみたいなものも
作ってあげると出かける準備ができるかもしれないよね~とか、
とにかく電子音は脳に不快を与えるようなので
なるべく自然な音で楽しめるように~とか
色々とアドバイスいただきました。

それから、先生は雄君からも学べることが
たくさんあるんだよ~って言ってくださいました。

というのも、雄君が最初、新聞紙を破る音にすごく不快を示したことで
先生の考え方が変わったと聞きました。
新聞紙を破るって行為は、みんなが好きなことだと思っていたので、
リトミックでやるとき、最初から破って遊ばせたんだけど、
この音が不快に感じるってことがあるんだって気が付けたことで、
最初は新聞紙を叩くってところから始めるようにしたんだよ~って。

幼い脳は先の予測が出来ないし、音から物をイメージする力も未熟だし、
それってのは、雄君が不快に感じたってことと同じで、
幼い脳であれば起こりうることだと思ったのだそうです!
キーボードでたまに出す色々な音でも、
雄君が不快に感じた音は次回からはやめるようにしたのだそうです。

そんな風に雄君をとらえてくださっていたことにも
びっくりでしたが、雄君でもお役に立てることがあるなら~と
嬉しくなりましたし、感謝でいっぱいでした。

とにかく、先生方の大きな大きな気持ちの中に包まれた
気持ちでした。心が温かくなりました。
雄君たった一人のために、ここまで考えてくださっていて、
嬉しくて嬉しくて、涙があふれました。

体育館のような広いホールで行っているので、
色々と活用してよ~って言ってくださったので、
音楽にあわせてお散歩のときがあるので、
そのときに歩行器に乗せてみてもいいですか?
というと、どんどん動かしてあげてって言ってくださいました。

みんなが歩いたりするのに影響受けて
何歩も足が出るかもしれないし!

色々とアドバイスいただき、
やること、考えることが増えて、
このリトミックの時間がますます楽しみになりました!

環境になれ、楽しめるまでに1年かかりましたが、
この1年があったからこそ、ここまでに成長できたのだと
思いました。
繰り返し同じことをやっていくことで
その経験値がインプットできるまでになってくれました。

これからだ~!!って元気をいっぱいいただきました。
そんな先生方に出会えたこと、
私も雄君もなんて幸せなんだろう~!って思いました。

楽しみがまた一つ増えました!!ありがとうございました!!
これからも宜しくお願いします。
スポンサーサイト



Category: リトミック
Published on: Thu,  22 2008 23:43
  • Comment: 0
  • Trackback: 1

0 Comments

Post a comment