FC2ブログ

雄君の気持ちは心で聞けばわかるよ~。

昨日の日曜日、お昼ごはんを食べたあと、
お兄ちゃんが腹痛を訴え、
吐き気もあり、
1時間近く戦ったすえ、
結局は吐かず、
以前もらった吐き気止めを飲んで
ほっとした出来事がありました。

その後、疲れもあってか、
昼寝をしてしまい、
起きたのは夜も10時を回っていました。

おでんを煮たので、食べるか聞くと、
喜んで結構たくさん食べてくれました。

その後、トイレに行って帰ってくると、
「赤いオシッコが出た~」というのです。
流してしまったので、どうだったか、見れなかった。

びっくりして、慌てて水分を取らせ、
もう一度オシッコをさせると、
やっぱりちょっと赤いような感じでした。

先月、ヨウレン菌で入院してるし、
腎炎になる恐れがある・・・と言われていたし、
昼間の腹痛といい、
何かあるといけないと思い、
慌てて救急で病院にかかりました。
その時点で11時近かったんですが、
雄君も起きていて、眠たいばかりで
泣いていたけれど、
パパにまかせて出て行きました。

結局、尿検査の結果、血はまじっておらず、
ただ長時間出てなかったために、濃くなっていたんだろうとのことでした。
昼間の腹痛は、軽い胃腸炎か胃腸風邪だったのだろうとのこと。
吐き気止めを飲んで以降も吐いていないし、
食事もとれているから、もう大丈夫とのことで、
帰宅しました。

12時半もすでにまわっていたので、
雄君とパパはもう寝ているだろうと帰ると、
居間のコタツに2人はいました。

どうしたの~?と聞くと、
どうやら雄君は私達が出かけたあと、
かなりの号泣を続け、
寝るどころか、泣き止まず、
仕方がなく、居間に来ると泣き止んだんだとか。
落ち着いて、また寝室に戻ると泣くので、
また舞い戻り・・・結局、朝ごはんに食べようとおいていた
パンをペロリとたいらげちゃったようでした。

私達が帰ってくると、なんてことなく泣き止み、
すぐにす~す~と眠っていきました。

その様子を見て、お兄ちゃん、
「ママとおれがいなかったから、さみしかったんだ~」だって。
「そうだね、きっと!雄君はみんなと一緒がいいんだよね」

と会話して、寝ました。

それ以降、雄君が泣いていると、
「ママ、おなかが空いたって言ってるよ」と
雄君の気持ちを代弁して言ってくれるようになりました。

そんなお兄ちゃんに、ママも言いました。

「雄君は、まだお話できないけれど、
お兄ちゃんと雄君は心と心でつながっているんだから、
お兄ちゃんは雄君の気持ちがちゃんとわかるんだよね。

世の中でも、一番大切なのは、心なんだよ、
心は生きていれば、みんなが持ってるんだよ、
だって生きてれば、命があるってことだよね、
命はどの子もみんな同じなんだから、
命が同じってことは、気持ちも同じようにあるってことだよね。

まだお話できないけれど雄君の気持ちは
心の声で聞けば、すぐに聞こえてくるでしょ!」

そういうと、お兄ちゃんは大きく「うん」と
はっきりわかったと納得し返事をしてくれました。

それに追加して、さらにママは

「大切なことは、目で見えるものばかりじゃないんだよ。
見えないことの方がすごく大切だってことたくさんあるんだよ。
それは雄君の声が心で聞こえてくるのと一緒で
心で感じて、心で聞けば見えてくるんだよ。」

そういうと、うん??とわかるような、
わからないような、そんなお顔だったけれど、
今はわからなくても、そのうちねとだけ言っておきました。

お兄ちゃんとママが救急で病院に行ったとき
泣いていた雄君を見て、
雄君の気持ちがはっきり分かったと
お兄ちゃんは言いました。

それ以来、雄君の本当に本当に微妙なお顔の表情だとかで
すごく理解してくれるようになりました。

雄君も表情がすごくよくなったので、
お兄ちゃんもより分かりやすくなったよね。

ようやく兄弟らしく、関わりあえるようになってきたな~。
すごく嬉しい。。。とにかく嬉しいです。
スポンサーサイト



Category: 雄君の日記 総合
Published on: Mon,  31 2008 23:08
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment