FC2ブログ

すごい反響いただきました。

先日の高校生の出来事以来、
すごい反響をいただきました。
身近な人を含め、メールでもいろいろと
お言葉をいただき、とても嬉しかったです。

それを聞くまでは、あんなことを言って
悪かったな・・・と反省もしていました。
でもみんなは間違ってないよと言ってくれ、
一緒に怒ってくれたり、
いろいろと世間について考えてくれたり、
一緒になって雄君のことを考えてくれたり、
思いあってくれたり・・・。
そんな風に私に大きくかえってきたこと、
本当に感謝でいっぱいになりました。

昨日外出したので、
周りを見回していたのですが、
実際、すごく見られていたんだな~でした。

今まで全然目に入らなかったんだと思います。

雄君と家族が楽しかったら~って感じだったので、
他の人にどう思われていようと、
どう見られようと、全く目に入りませんでした。

昨日、ランチに行ったとき、
高校生(男子)が遠くからじっと見ていました。
その子たちは笑うという行為ではなかったですが
私達以外の人のことも気になっている様子で
「あれ、見てみ!」みたいな雰囲気はたびたび繰り返していました。

それを見ていたら、高校生って、意外と周りを気にするんかも!
と感じられました。
同年代の女の子の目も気にしている様子でしたし、
外人の人たちがお食事していたので、その人たちにも
注目していました。

なんだかそれを見ていたら、
自分のしたことって、やりすぎだったかなと
ちょっと反省してしまいました。

思春期の多感な時期であるがゆえの行為だったのかなと・・・。

ですが、すぐ隣で振り返り大笑いする行為はやっぱり
目に入らないわけもなく、、、。

知らないから仕方がないという年齢でもないですし、
このような世の中になっているんだなと
寂しく思ったり。。。

今回の高校生の事件があったから
強く心に思えたことがでてきました。

今度お兄ちゃんも小学校に入ることですし、
雄君のことで、お兄ちゃんがいじめられたり、
あれこれ言われたりすることもあるかもしれない。

そんなことは絶対にあってはならないし、
そういうことがあれば、
私達親がお兄ちゃんを絶対に守ってあげないといけない。

そうするためには、やっぱり雄君のことを知ってもらい、
頑張っているということを理解してもらう・・・。
周りにまず自ら話さないといけないと思うのです。
うちは、雄君についてオープンだよって
色々と聞いてくれてもいいし、
雄君も日々頑張っているんだよって
何もかもさらけだしてって、
そういう環境でいこうって思ったのです。

もちろん幼稚園でも、クラスの最初の集まりでは
お話したんですが、そのときは病気ですということが精一杯だったので、
たぶん、このときの意識とは今は少し違ってきていると思います。

まずは小学生の時期に、障害の子と交流があったり、
障害を持った子への思いやりとかが学べたら、
絶対に高校生になったときに、そういう子をみて笑うということは
無くなると思ったのです。

もう少し私に余裕ができてきたら、
小学校へ交流しに行きたいと思うようになりました。
ずっと以前から心にはあったことだったのだけど、
この事件をきっかけに、やっていきたいことを
はっきりと思うことができました。

雄君の病気のことや、脳のこと、目のこと、身体のこと、
自分で力をコントロールできないことなど、
話をしたいし、こういう子を見かけたら、
普通に「こんにちは」と声をかけて欲しいとか、
伝えたいことがいっぱいあふれてきました。

声をかけてもらえて嬉しかったことの一つは、
今年1年お世話になったリトミックで学ばせてもらったんです。
そこで出会ったお母さんたちは、
本当に暖かくいつも見守ってくれて、
「雄君、大きくなったね~」とか「すごくしっかりしてきたね~」と。

一番嬉しかったのは、
みんなで輪になるときに、
躊躇することなく、雄君の手をとってつないでくれたことです。
毎回毎回、本当に嬉しくて、嬉しくて
それだけで泣けそうになっていました。

そのお母さんたちに、そういう気持ちが嬉しかったと、
お礼を言おうと思っています。
それにプラスして、
将来子供たちが障害を持った子たちと接する機会があったとき、
雄君のことを話して、あのとき一緒だったねと
雄君を引き合いに出して、学んでもらえたら、話してもらえたら
すごく嬉しいって言いたくて。
あの高校生を見てから、強くそう言いたくなりました。

まずはお兄ちゃんの入学をきっかけに、
お兄ちゃんと同じクラスになった親さんへ伝える・・・
それから始めていきたいと思っています。

あの高校生たちのおかげで、私も強くなれた気がします。
少しキツイことを言ってしまい、申し訳なかったなという思いと、
出会ってくれてありがとうという気持ちです。
スポンサーサイト



Category: 雄君の日記 総合
Published on: Mon,  17 2008 00:01
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment