FC2ブログ

久しぶりの口腔ケア

9月に口の中に口内炎が出来て以来、
ずっとご無沙汰だった、口腔ケア。
2ヶ月ぶりの再会です。

現在の食べる形態としては、歯茎で押しつぶせるかたさです。。

1つ勉強になったのは、むせについて。

雄君、ごはん粒とか、小さい粒にむせるんです。
→むせるから・・・とごはんは必ず汁に浸し、汁とセットであげてました。

汁とごはん粒・・・・ゴックンのスピードが違う!!ということが
高度なゴックンを要求するのだそうです!!

スピードの違うものを一緒に口の中で処理をしようとするとき

①汁だけ早くゴックン→②噛み砕いたごはん粒をゴックン

になるんだけど、①の汁をゴックンするときに
ごはん粒も誤って一緒にゴックンしちゃうと、
横道それてむせに入る!!!

のだそうです。

私はてっきり、汁とごはんを一緒にした方が
いいのかと思ってました→→→→まちがいでした。

それでむせた~と慌てて、お茶などを飲ませていたのですが、
これまた間違い→→→→またむせを誘うのだすです~××



また勉強になったのは、食べ物を口に入れる順番。

メニュー:ポテトサラダ、ジャガイモなど角切り野菜、ごはんがあったとして。

三角食べと、小さい頃口をすっぱく言われたんですが、
雄君の場合、例えばポテトサラダを1口、ジャガイモを1口、ごはんを1口
と違うものが次々と口の中に入ってくると、
処理をするのを迷ってしまうのだそうです。

1つの食べ物を3口くらい続けてあげるとBEST!!

1回目くらいは「ナンだ?」と考える時間だったりするので、
きちんと物が何かを頭の中で処理する=学習する時間を
与えてあげる方が良いと教えてもらいました。

それにプラスして。

やわらかいポテトサラダなどを口に入れたあとは、
少しかためのもの→ごはんなどをあげる。
次は柔らかいもの→つぶせるくらいの野菜。
・・・・
というように、ペースト状のものと固形のものを
交互に組み合わせてあげることによって
ゴックンがしやすくなるのだそうです。

うまく噛み砕けない・・・
うまく口の中の食べ物を舌をつかってゴロゴロできない・・・

雄君にとっては、柔らかいものとかたいものをミックスしてあげることで
ゴックンを上手にうながしてあげられるのだそうです。


それで・・・最初のむせに戻りますが、
もしむせちゃった場合、汁をあげるのではなくて、
ゼリーとかヨーグルトなどのやわらかいペースト状のものを
あげると、かたいものとまぜて、スムーズにゴックンできるんだそうです。

たまに口の中にいつまでもゴックンできず
下の前歯の付近で奥に持っていけないときがあるのですが、
特に固めの野菜とか、昨日はコーンが残ってました。
その場合もこの方法で解決できるのだそうです。
ゼリーやヨーグルトなどを入れてあげながら
上手にゴックンをうながしてあげるといいそうです。

ちなみに雄君は舌がまだ未熟で
前歯でかみきった食べ物を舌を上手に使って
奥歯へ持っていくということが
まだまだ出来ていません!

ですので、余計食べ物の組み合わせがポイントになります。
パンなんかを食べていると、上あごにぺったりくっついて
なかなかゴックンできないでいるときもあって
スプーンで取ってあげたり・・・をしていました。

先生は・・・子供の成長に合わせたママの介助が重要!
ぴったり合って、それを繰り返すことで
学習し、成長につながるのだと言われました。

出来ないなら出来ないなりに、うまくあわせてあげて、
それが成長につながっていけるのであれば
上手に付き合っていきたい・・・と思いました。

う~ん、久しぶりの口腔ケア、たくさん勉強になりました。


追加!!

口の中も、念に入りにマッサージしてもらい、
頬の筋肉や顔全体もマッサージしてくださいました。

雄君、久しぶりの号泣!どうなるかと思ったら
終了してママが抱くと、すぐに泣きやみました。えらい!!

先生が帰ったあと、雄君、独り言を連発。。。
ふにゃふにゃ、ふんふん、う~んと。
ずっと声が出てました。
そして久しぶりの笑顔にも会えて、、、!!
夜には、「ね~雄君!」「ふにゃふにゃ・・」と
会話のような受け答え!!!

口腔ケア、とっても重要ですね~。
スポンサーサイト



Category: 歯科衛生(口腔内ケア)
Published on: Tue,  13 2007 23:33
  • Comment: 0
  • Trackback: 2

0 Comments

Post a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック