FC2ブログ

夏ごろからはじめた音楽療法

8月から1ヶ月に1度、音楽療法を受けさせていただいてます。

最初はじめるときは、
リトミックもしてるし、音楽も家で聞かせてるし、
お兄ちゃんのエレクトーンのレッスンにも
付いて行ってるし、
こうした環境は雄君にとって
とても充実した時間だと思っていたので、
音楽が脳に与える影響はすごく良いと実感していたものの、
新たに音楽療法を受けるということに対して
どうしようか・・・という思いもありました。

1度受けただけでは
その効果ははっきり分かりませんでした。

先生とマンツーマンで楽器を鳴らしてもらったり
演奏しながら歌を歌ってもらったり、
世界のあらゆる楽器がそろえられているので
どの楽器が雄君にとって効果的なのか、
そういう所から徐々に
始まりました。

ギターの音→これはかなり耳を傾けます。
タンバリン→タンバリンの種類にも好みがあることが判明。
2種類のタンバリンを選ばせてもらってたのですが
これまで3回受けたときは、
あまり差がなかったのですが、
この火曜日に受けたときは、
雄君がそのタンバリンを気に入った様子で
手をすりすり、何度もさすって、なんとか音を出そうと
しているのが見られました。

聞くと、このタンバリンの皮が特殊なんだそうです。
乾いたようなパ~ンという音、金属の響き
これらが微妙に違うようで、この違いに
好みを示した様子でした。

こんなに気に入ったのなら、購入しようかな・・・と
考えました。

その他、たくさんの楽器も試してもらい、
打楽器というのは、骨に直接響くそうで
その刺激が脳にも良いのだとか。

それから音楽を聞かせながら
マッサージの仕方なども教えていただいてます。
中近東の音楽が雄君は好みみたいです。

マッサージしながら、先生が雄君を見ていて、
最近足首がくねくね動きを見せているね!
指も開いたり閉じたり出来てるし・・・と。

足というのは、脳そのものを表しているのだとか。
足首が回るとか、指がぱーと開くとか
部位部位がそれぞれ動くということは=脳内の機能が
動き始めている!のだそうです。

先月は見られなかったと観察してくださっていて、
とにかくこの調子で足の指と指の間をマッサージしてあげたり、
また足の指の先端を刺激すると、直接脳への刺激が届くようですし、
足の指の付け根をつぼ押しすることで、腸の活性化が出来たり
とにかく、ヒマがあれば、足をマッサージしてあげてね・・・
とのことでした。

音楽の力って、本当にすごいな~と実感しました。
ただ聞かせてる・・・んではなかったんです。

1ヶ月に1度でしたけれど、ほんの数回のことで
確実に効果を得ていると実感しました。

音楽療法の先生には、サングラスの仲介もしていただき
本当にお世話になっています。
これからも頑張りたいと思っています。
スポンサーサイト



Category: 音楽療法
Published on: Tue,  06 2007 23:42
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment