FC2ブログ

コップのみにチャレンジ中です~。

雄君先週水曜日より、マグマグステップ1を卒業させました。
コップのみの訓練に突入しました。

マグマグステップ1とはいっても、哺乳瓶が少し進化しただけなので、
どうしても赤ちゃんのように吸うくせがついていて、
ごはんを食べるときも、ぺちゃぺちゃって吸ったような食べ方になってました。

入院中が一番ひどく、入院中の食事が雄君の食べる形態に合わず、
おかゆとかを食べていたので、少し舞い戻ってしまい、
なかなかそれを元に戻すの、大変でしたが、
なんとか少しカミカミができるまでになってきました。

口腔ケアの先生に、以前からずっとマグマグはやめよう、って
言われ続けてたんですが、水分補給の手段がとれないし、
スプーンやコップで水分が取れず、
雄君の水分をちゅっちゅって出来ないストレスで号泣してたので、
なかなか踏み切れませんでした。

そんな中、平行して、スプーンやコップでの水分補給を頑張ってきてて、
だいぶ飲めそうな域に達してきたので、
まだまだ不十分ですけど、思い切って突入させました。

それをはじめてはや4日。

すっごく喉が渇いているときにあげると、
ストローも少しだけ吸えるようにもなってきてます。
コップもかなりこぼれちゃいますが、
だいぶ量を取れるようになってきました。

そしたら、舌の形が変わってきたんです。
真ん中がへっこんだ舌だったのに、
平らになってきました。
舌の真ん中の筋肉がまだ弱いといわれていた雄君だったんです。
哺乳瓶を吸うとき、舌を巻きつけて飲むので
どうしても舌の真ん中がへこみ、筋肉も弱いそうなんですけど、
まぐまぐをやめたとたんに、変化してきました。

あごの下から舌の真ん中を鍛えるために、ぐいぐい毎日押すようにも
言われましたし、のどぼとけの両脇もマッサージして、
ゴックンを強化させることもし始めました。
どうしても気管切開の器具をつけていたため、
その辺の筋肉が弱いのだそうです。

そんな筋肉で、しかも少し前まで食堂には経管カテーテルも鼻から入れてて、
気管切開の器具も気管に入ってて、それを考えると、
本当に細い入り口だったにもかかわらず、
パクパク食べれてた雄君ってすごい!って感じです。
食欲があるっていいことだな~って思いました。

この調子で頑張ります~。
スポンサーサイト



Category: 歯科衛生(口腔内ケア)
Published on: Mon,  18 2007 23:13
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment