FC2ブログ

目を開けた日

脳症を起こして3週間が経ったころ、点滴も取れてきました。相変わらず起きていてもはつむったまま。寝ている心拍数は100以下なんだけど、起きると120~180くらいまで上がるし、え~んと泣いてしんどそうな感じで常にいるので、それで起きてるとはっきりは分かりますが、はあかない。そんなとき、体重測定をすることになりました。体を拭くとき裸にするので、そのときに抱っこして体重計にママと一緒に乗りました。抱っこするのも、本当に入院してはじめて。今までありこちに点滴やらチューブやらついていて、なかなか抱っこしてあげれなくて・・・。でもエ~ンエ~ン泣いているから、なんとなく母性本能で抱っこしてあげたくて、あげたくて。それで抱っこしたいからと先生に話すといいですよ!って言ってもらえて。それではじめて体重を量るときに実現できたんです。その瞬間!左がうっすら開いたんです。ママを見ているかのようでした。思わず泣いてしまいました。が開いた!ただそれだけなのに、こんなに感激感動して泣いてしまうなんて・・・。元気だったころはそんなこと思いもしなかった。が開くってことも、脳からの指令なんだって。脳が壊れてしまうって、どこか体に怪我や病気をするとは訳が違うんだな、なんで普通に動いたりできないんだろう・・・。普通に出来てたころが奇跡みたいな気持ちです。本当に、本当に嬉しかったんです。またベットに戻したらつむってしまいましたが、また抱っこしたら開いて・・・!ママって分かってくれたのかな!雄君は一生懸命生きようとしてるんだ!こんなに幼い体でこんなにすごい!本当に嬉しかったのは、一生忘れられません。
スポンサーサイト



Category: 雄君の日記 総合
Published on: Fri,  28 2006 01:13
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

脳症 経口 バリアフリー服 体幹機能障害 気管切開

0 Comments

Post a comment