FC2ブログ

良い環境が整いそうです(*^_^*)

今日はたくさんのいいことがありました。

まず1つは療育センターより連絡をもらったことです。

1ヶ月前に自分で入所希望の連絡をしました。
市役所の福祉課の方からの勧めと、
たまたま病院の検診でお会いした方からの勧めがあって、
少しでも同じような障害の方との交流ができたら・・・
また雄君にとって子供達の騒ぐ声などを聞いたら刺激になるかな・・・
というところから行きたいと申し出たんですが、
定員オーバーの状態で、隣の町のセンターを紹介されました。
少し離れているので、焦って入所したいわけではないから
空きが出たらでいいので、と連絡を待っていました。

そしたら、定員オーバーという状況は変わらないので、
入所させてあげることはできませんが、
見学&相談という形で、4月の空きが出るまで
通わせてもらえることになりました!!
私の知識も刺激も増えることができそうで、ワクワクしています。

そして2つ目は以前お話していた、リトミック再入会ができそうということです。

友人が先生にお伺いを立ててくれて、先生も私達が少しでも外にでて
刺激を求めているというのであれば、喜んで!!ということを言ってくださったようです。
まだはっきりと全指導員に確認を取れていないので、
しっかり相談してお知らせしますっていうことでした!!
お兄ちゃんの頃からお世話になっているリトミックで、
ピアノの生演奏と生の歌声で踊ったり、歌ったり、
楽器を演奏したり、絵本を読んでくれたり、
とっても気に入っていたので、そんな環境に雄君が参加できたら、
刺激にもなるし、楽しいひと時が過ごせそうだなと、またワクワクしています。

そして3つめは、お兄ちゃんの幼稚園の面談があった中にありました。

直さなくてはならない数々の点を教えてもらえて、良かったなぁと思ったのと、
意外な一面を知って、ショックやら嬉しいやらで・・・。
直さなくてはならない点の一つは、食事の姿勢が悪いということでした。
よ~く考えてみると、食事の時は雄君にかかりっきりで
お兄ちゃんを見ててあげてなかったんだ・・・と気が付きました。
茶碗を持っていない、背中が曲がっている、とのことでした。
納得でした。私も気が付いていなかった点でした。

そして、最近お友達に手が出てしまうとも聞きました。
お兄ちゃんなりのきちんとした理由があってのことのようで、
やたらめったら手を出すわけではないとのことですが、
これまでどちらかというと、大人しく、恥ずかしがりやで、
優しすぎる感じで来ていたので、ショックでした。
お兄ちゃんは侮辱的な言葉を発せられて嫌な思いをして
手を出してしまうようなんだけど、先生は嫌なことは嫌だという意思があるんだし、
そのことはとてもいいことだけど、手は出してはいけないと言っていると
いうことでした。
これもよ~く考えてみると、どこかにストレスがあるんじゃないかって
そういう気がしました。

先生いわく、雄君のことがあって以来ずっとおりこうさんで
乱暴になったりキレたりすることが全くなく、
ニコニコ元気で登園していたから、すごいなって思ったって。
まだまだ甘えたい時期であるのに・・・。
納得でした。その反動もあるのかなって。

家でも休日に出かけることがほとんどなくなってしまったし、
週末お仕事のパパなので、3人で家にいて過ごしているし、
ママは雄君に付っきりだし、我慢しているところは絶対にあるなぁとは
思っていたけれど、家でも雄君と遊んでくれたり、それはそれはおりこうさんで、
自分のこともほとんど全部自分でやれてしまうし、
安心しきっていたってこともありました。

しっかりお兄ちゃんの声も聞かなくては・・・これではいかん!!
ママはお兄ちゃんに甘えていたんだ!!って思わされました。
それに気がつけて、本当に良かったです。
 
優しい面も見ていてくださって、
お友達で気分が悪くなった子がいて、
保健室に行ってきなさいと先生に言われて行こうとしたんだけど、
もじもじなんだか行けれなかったようで、
それをお兄ちゃんが先生に「行けれなくて困っているよ」と言ってくれたようで、
「じゃあ、一緒に連れていってあげてね」、というと
「分かった!」といって連れて行ってあげたそうです。
そんな一面もあるんだーってとっても嬉しかったです。

それから、遊びは遊びですっごい楽しそうに遊んでいるようで
絵を描いたり工作したり、の時間はもくもくと集中して作っているから、
そのメリハリがついていて、すごくいい!と言ってくださいました。

幼稚園でのお兄ちゃんの様子がわかって
有意義な懇談でした。
スポンサーサイト



Category: 雄君の日記 総合
Published on: Fri,  01 2006 00:18
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

バリアフリー服 脳症 気管切開 経口 体幹機能障害 リハビリ 療育センター

0 Comments

Post a comment